毎日一緒にいてくれる人が欲しい【中学生の恋愛事情から見えてくる親子関係】

彼氏・彼女が欲しい理由

ある日の昼休みの男子生徒・A君との会話。

A君「彼女欲しいっす~」

「どうして彼女が欲しいの?」

A君「毎日楽しくなれるじゃないですか~」

「彼女がいないと毎日楽しくない?」

A君「つまんないっすよ~」

「友達と一緒の時はどうなのよ?」

A君「それはそれで楽しいっすよ~!でも、違うじゃないですか~」

「違うって、どう違うの?」

A君「ん~なんか違うんすよ」

「なんかって・・なに?」

A君「彼女だったら一緒にいれるじゃないですか~」

「そっか。じゃあ一緒に入れる人が欲しいの?」

A君「そっすね」

 

 

 

A君が求めていたのは「一緒にいてくれる人」

結局、A君が欲しかったのは「彼女」ではなく「一緒にいてくれる人」

一緒にいてくれる人がいないと毎日楽しくない。

一緒にいてくれる人がいないから毎日が楽しくない。

毎日一緒にいてくれる人。

それはお母さんなのかなと。

 

 

 

A君の親子関係

A君のご両親はA君が小さい頃に離婚。

その後、お母さんと祖母の3人暮らし。

A君が小学校に入る頃、お母さんは仕事の関係で県外に。

それからは、祖母との2人暮らしのA君。

お母さんとの楽しい思い出がA君の心の中にはあまり存在していなかったようです。

 

 

 

人は心の中にある「満たされていない部分」を何かで埋めようとする

人は自分の心の中にある「満たされていない部分」を何かで埋めようとします。

それは、小さい頃お母さんに「こうして欲しかった」事がしてもらえず「してもえなかった」という未完了のまま、心の中に残ってしまい、それが「満たされない部分」となるのです。

 

そして、満たす為の何かとは・・・

人・食べ物・アルコール・ギャンブル等々がありますが、これらに強く執着してしまうと依存症となってしまうことも。

 

中学生のA君は「人」彼女をつくることで満たされない部分を埋めようとしたんですね。

 

これは、他人への依存が恋愛のかたちとなっており、正常な恋愛のかたちではないので、このまま大人になってしまうとA君は恋愛対象の相手に対し、自分を満たすことを最優先し、相手の気持ちを置き去りにしてしまう可能性が。

そうなると、良い恋愛、良い結婚が望めない人生になってしまうかもしれないのです。

 

 

 

大人は否定せずに聴いてあげることが大切

中学生なんだから、付き合うとか、付き合わないとか・・そんなことを考える暇があったら勉強しなさい!と、大人は「中学生だから」という事を理由に、耳を傾けずに終わらせてしまっていることが多々あると思います。

 

実際、私自身も「中学生だから」というくくりでスルーされてしまったことってあったな・・って。

どうですか?同じような経験ありませんでしたか?

 

その時「なぜそう思っているのか?なぜそうしたいのか?」をじっくりと聴いてもらいたかったなと。

 

大人が子どもの話をじっくり聴いてあげることで「満たされていない部分」が少しづつ満たされていきます。

そして、満たされた部分が生きるエネルギーとなって子ども自身の佳き人生に繋がっていくのです。

Follow me!